ナイツ・テイル-騎士物語-

「平成のオードリー・ヘップーン」上白石 萌音さん(『ナイツ・テイル』牢番の娘)

『ナイツ・テイル』フラビーナ役の上白石萌音さん

この記事は、堂本光一さん、井上芳雄さんW主演の舞台『ナイツ・テイル』に牢番の娘「フラビーナ」役で出演していた上白石 萌音ちゃんについて書いています。

『ナイツ・テイル』に牢番の娘「フラビーナ」、萌音ちゃんは堂々とした演技と圧倒的な歌唱力でした。そしてTVドラマ『恋はつづくよどこまでも』でも、その演技力にくぎづけになりました。

超売れっ子になった萌音ちゃん、また光一さんと共演してほしいです。

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』萌音ちゃん主演女優賞

2020年1月からTBS系で放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』に上白石萌音ちゃんが出演していました。

堂本光一さんと共演した舞台『ナイツ・テイル』で見せた牢番の娘「フラビーナ」役を繊細な表現力にさらに磨きをかけ、恋する女性を見事に演じましたね。

『恋はつづくよどこまでも』は、視聴率も徐々に上昇し、萌音ちゃんの演技がよかったと評価もうなぎ登りでした。

さらに萌音ちゃんは、ザテレビジョンが主催する「ドラマアカデミー賞」主演女優賞に選ばれました。

『恋はつづくよどこまでも』は最優秀作品賞を含め主要5部門を独占しました!

メケメケ(ジャニーズ好きの猫)
メケメケ(ジャニーズ好きの猫)
萌音ちゃんの勢いがすごいにゃー!

moon
moon

舞台『ナイツ・テイル』では、光一さんはもちろんですが、萌音ちゃんの演技と歌唱力がもっとも印象に残りました。

今回のドラマで萌音ちゃんがさらに売れっ子になり、今後ドラマや映画に引っ張りだこになるかもしれませんね。

 

メケメケ(ジャニーズ好きの猫)
メケメケ(ジャニーズ好きの猫)
光一さんと舞台でまた共演してほしいにゃー。舞台『ナイツ・テイル』の再演もお願いしたいにゃー!

上白石萌音さんは、メキシコからの帰国子女



上白石 萌音さんは、おとうさんの仕事で、小学生時代の3年間、メキシコで過ごしました。

英語力がすごいと言われていますが、海外で過ごされたことで、英語が自然に身についたのかもしれません。現在は、大学でも、英語を中心に勉強されています。

ご両親とも先生で、お母さんは、音楽の先生を退職した後は、ピアノの先生をしているようです。

『ナイツ・テイル』のパンフレットに、萌音さんとミュージカルとの出会いは、5歳のときに東京ディズニーランドの「美女と野獣」ショーを観たことでその後、鹿児島のミュージカルスクールに入ったことが書かれていました。

お母さんが、ピアノの先生で、ミュージカルスクールに通い、海外で生活、結果的に音楽、ダンス、英語を幼いころから、英才教育されることになり、歌唱力、表現力、英語力が身についたのでしょう。

 

「東宝シンデレラオーディション」で芸能界デビュー



中学1年のとき、妹の萌歌さん(当時:小学5年生)と東宝芸能の「東宝シンデレラオーディション」に応募し、妹の萌歌さんがグランプリに、萌音さんは、審査員特別賞を受賞しました。

その後、『Shall we ダンス?』の周防正行監督の『舞妓はレディ』(2014年)の主人公役にオーディションで選ばれ、監督から「平成のオードリー・ヘップバーン」と賞賛されました。

舞妓はレディ
by カエレバ

 

 

その後2015年に、ミュージカルの舞台『赤毛のアン』でアン・シャーリー役を演じました。2016年には、妹の萌歌さんも『赤毛のアン』で同じ役を演じています。

2歳離れている萌音さんと萌歌さんですが、双子と間違えられることもあるほど、外見が似ていますね。

当初、私も背の低い萌音さんが妹と思っていましたが、背の高い方が、妹の萌歌さん(161cm)で、低い方が姉の萌音さん(152cm)です。

その妹の萌歌さんとは、2018年6月に公開された『羊と鋼の森』で映画初共演を果たしました。

羊と鋼の森 DVD通常版
by カエレバ

 

 

萌音さんがヒロインの声を担当した『君の名は。』は大ヒット

 

君の名は。
by カエレバ

 

 

萌音さんがヒロイン「宮水三葉」役の声優として参加した『君の名は。』は大ヒットし、萌音さんがカバーした「RANDWIMPS」の主題歌「なんでもないや」は大変な反響を集めました。(萌音さんがカバーした「なんでもないや」はカバー1stアルバム『chouchou(シュシュ)』に収録されています。)

chouchou
by カエレバ

 

 

TVの情報番組で、映画『君の名は。』大ヒット御礼舞台挨拶の際、RANDWIMPSの野田さんから、突然のむちゃぶりで「なんでもないや」を歌う場面を観ました。

突然振られたむちゃぶりの舞台で、その見事な歌唱力を堂々と披露した萌音さん、かっこよかったです。

 

ナイツテイル



『ナイツ・テイル』では、牢番の娘「フラビーナ」役を繊細な表現力、優雅でやわらかなダンス、そして透き通る歌声、かわいらしく美しい容姿で見事に演じていました。

まだ20歳という年齢で、堂本光一さん、井上芳雄さん、音月桂さんをも凌ぐ、堂々たる舞台捌き、そのパフォーマンスは、圧巻でした。

牢番の娘の悲しみ、舞台終盤でむかえる喜び、上品であり、情熱的でまさに「平成のオードリー。ヘップーン」です。

 

まとめ

今回は、『ナイツ・テイル』に牢番の娘「フラビーナ」役で出演している上白石 萌音さんについて書きました。

『ナイツ・テイル』の俳優さんの歌はどれもすばらしかったですが、萌音さんの歌が私は特に好きです。

萌音さんを周防監督が「平成のオードリー。ヘップーン」と称した映画『舞妓はレディ』や萌音さんのCDも聞いてみたいと思います。

 

moon

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アクセスランキングに登録しています。
ポチっと押していただけたら、うれしいです。


Kinki Kidsランキング

にほんブログ村 芸能ブログ Kinki Kidsへ
にほんブログ村

おすすめ記事

デュエットする男女のイラスト
『井上芳雄 by MYSELF』ゲストは上白石萌音ちゃん (島田歌穂さんのトークショー)この記事は、2019年4月4日(木)に行われた『カフェ/トーク 上村由紀子 talks with 島田歌穂』、2018年10月28日放送...
ABOUT ME
moon
moon
関西在住です。 事務の仕事をしています。 堂本光一さんの大ファンです。 東京、大阪、福岡、横浜など日本全国へEndless SHOCKの公演、光一さんのソロコンサート、KinKi Kidsのコンサートがあれば遠征します。