エンタテイナーの条件

堂本光一さんが『ナイツ・テイル』の出演者を語る『エンタテイナーの条件 』Vol.65(日経エンタテインメント 2019年1月号)

日経エンタテインメント 2019年1月号

この記事は、「日経エンタティメント2019年1月号」の『エンターティナーの条件』の感想を書いています。

内容は、全編『ナイツ・テイル』で、光一さんの『ナイツ・テイル』ロスが激しいこと、岸祐二さんと大澄賢也さんのこと、音月桂さんと上白石萌音ちゃんのことなどです。

スポンサーリンク

『ナイツ・テイル』ロス


日経エンタテインメント! 2019年 01月号 [雑誌]

2019年1月号はすべて『ナイツ・テイル』のお話でした。

冒頭で、光一さんは『ナイツ・テイル』ロスが激しいことを告白しています。

『ナイツ・テイル』の成功の要因を問われ、メインからアンサンブルまで、すごい経歴の方が集まったにも関わらず、全員がチャレンジし、世界初演の舞台を作り出す、苦しみを共有し合えたことが、成功につながったと語る光一さん。

セリフの中に、稽古場では気が付かなかった、隠された意味を発見し、それが時には下ネタであったりなど、常に新しい発見があり、演劇の面白さを光一さんは堪能したようです。

『ナイツ・テイル』梅田芸術劇場

 

岸祐二さんと大澄賢也さん



『ナイツ・テイル』公演中は、岸祐二さんと大澄賢也さんの二人が、光一さんにとっての癒しになっていました。

岸さんは、戦隊もの(「激走戦隊カーレンジャー」(1996年)の主演)出身ということもあるのかもしれませんが、光一さん曰く「正義の人」、損得関係なく思ったことを言ってしまうので、心配になることもあったようです。

『ナイツ・テイル』シーシアス役の岸 祐二さん

また、大澄さんには、調整役など、光一さんたち演者が、スムーズに動けるようにしてくれたと感謝されていました。

『ナイツ・テイル』ジェロルド役の大澄賢也さん

大澄さんと言えば、その昔、小柳ルミ子さんとの離婚で、1億円払ったことで話題になりました。

そういう経験を経て、人間的にも大きくなって、舞台でも輝きを放っているように思います。

『ナイツ・テイル』にアテネの大公「シーシアス」役で出演している岸 祐二さんについて

 

音月桂さんと上白石萌音ちゃん



音月さんは、宝塚歌劇団の男役のトップスターだったこともあり、男性ぽいサバサバした方で、光一さんと音月さんの会話が掲載されているのですが、まるで男性同志の会話のようでした。


【送料無料】 kei / 音月桂 【本】

音月さんのラジオ『音月桂のLet’s smile』を聞くと、サバサバした性格が良くわかります。

美しさも、抜きん出ていますが、歌もダンスも、キレキレで、かっこいいです。

音月さんと対照的に、舞台の上白石萌音ちゃんは女性的で繊細でひたむきなイメージでした。

萌音ちゃんは、本番前に島田歌穂さんとハグしていたそうで、その光景はすごく素敵だったと光一さんは言っています。


and... [ 上白石萌音 ]

『ナイツ・テイル』ヒポリタ役の島田歌穂さん

演者さんみんなに、かわいがられていた萌音ちゃん、それは井上芳雄さんのラジオ『井上芳雄 by MYSELF』や音月桂さんのラジオ『音月桂のLet’s smile』でも語られていました。

「音月桂のLet’s smile」ゲストは島田歌穂さん 2018年8月14日レポ

まとめ

今回は、「日経エンタティメント2019年1月号」の『エンターティナーの条件』の感想を書きました。

内容は、全編『ナイツ・テイル』で、光一さんの『ナイツ・テイル』ロスが激しいこと、岸祐二さんと大澄賢也さんのこと、音月桂さんと上白石萌音ちゃんのことなどでした。

『ナイツ・テイル』に出演されている方は、舞台で最高のパフォーマンスをするために、努力を惜しまない方ばかりで、その姿勢には頭が下がる思いです。

先日のFNS歌謡祭の『ナイツ・テイル メドレー』は、ほんとにすばらしかったです。

堂本光一さんと井上芳雄さんが、上白石萌音ちゃんを舞台へ招き、アンサンブルの中井智彦さん、神田恭兵さん、水野貴以さん、小林風花さんたちと「騎士物語 (リプリーゼ)」を歌う、録画していたものを何回もリピート再生し、楽しんでいます。

 

「今月のメモ」(『エンターティナーの条件』の小コーナー)は「堂本兄弟SP」での光一さんと井上芳雄さんのトークの話でした。

思わず、笑ってしまう内容で、今からトークを観るのが待ち遠しいです。

 

moon

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

アクセスランキングに登録しています。
ポチっと押していただけたら、うれしいです。


Kinki Kidsランキング

にほんブログ村 芸能ブログ Kinki Kidsへ
にほんブログ村

おすすめ記事

日経エンタテインメント 2018年12月号
「活動休止、解散は自分の意思だけで進めて良いとは思えない」堂本光一さん連載『エンタテイナーの条件 』Vol.64(日経エンタテインメント 2018年12月号)この記事は、「日経エンタテインメント12月号」の『エンタテイナーの条件』の感想を書いています。 自分の主張を通すには覚悟がいる...

 

ABOUT ME
moon
moon
関西在住です。 事務の仕事をしています。 堂本光一さんの大ファンです。 東京、大阪、福岡、横浜など日本全国へEndless SHOCKの公演、光一さんのソロコンサート、KinKi Kidsのコンサートがあれば遠征します。